山のトイレを考える会活動履歴

Last Up date : 2016.8.23

2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度

2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度

年度年月日活 動 内 容
2000
2000年6月15日山岳ガイド、一般登山者、研究者により「山のトイレを考える会」を設立
2000年8月29日第1回フォーラムを札幌市教育文化会館で開催。北海道内の各界から150余名が参加
2000年9月23日啓蒙用のチラシを大雪山国立公園銀泉台で配布。登山者へのアンケート調査実施
2000年10月1回目フォーラム結果、アンケート結果をまとめ報道機関などへ公表
2000年11月14日北海道庁自然環境課担当職員と意見交換
2000年11月28日会員のページ内に「山のトイレを考える会」ホームページを開設
2001年1月12日環境庁西北海道自然保護事務所にて自然環境公園担当職員と意見交換
2001年2月3日第2回フォーラムを札幌市教育文化会館で開催。130余名が参加
2001年3月23日環境エンジニアリング(株)の後藤良忠氏を講師に招きバイオトイレ勉強会。約20名が参加
2001
2001年6月~8月「山のトイレマップ」(Vol.1大雪・十勝編、Vol.2北・東大雪編)及び「登山口トイレ情報」を作成。各地の山開き、ビジターセンター、登山用品店、各種イベントなどで配布
2001年7月28~30日トムラウシ南沼調査登山を実施。会員6名が参加
2001年9月16日2001全道一斉山のトイレデー実施。22カ所、約100名が参加
2001年10月30日北海道大学の寺沢実教授を講師に招きバイオトイレ勉強会。会員8名参加
2001年11月1日北海道庁自然環境課担当職員と2回目の意見交換
2001年12月山域毎の現状と問題点の聞き取り調査を会員と協力者で実施
2001年12月14日ニュースレターを作成し関連団体、登山者へ約500部、配布
2002年2月2日第3回フォーラムを北海道クリスチャンセンターで開催。120余名が参加
2002
2002年6月山のトイレマップ2002版と登山口トイレ情報2002版を作成・配布
2002年7月14日「山岳エコツーリズムフェステバル」で当会が共催となって山のトイレシンポジウムを開催
2002年7月15日大雪モデルエコツアー「山のトイレを考える黒岳登山」を実施。東京や静岡から11名参加
2002年9月8日2002全道一斉山のトイレデー実施。20カ所、約100名が参加
2002年11月1日北海道知事へ山岳トイレ対策について要望書提出
2002年11月9日新得山岳会聞き取り調査実施
2002年11月10日北海道登山研究集会で山のトイレ問題について会員が発表
2002年12月10日ニュースレターを作成し関連団体、登山者へ約600部、配布
2003年1月24日山岳レクリエーション管理研究会の山口和男代表を講師にROSの勉強会
2003年2月1日第4回フォーラムを札幌市生涯学習センター「ちえりあ」で開催。80余名が参加。また、会場で「写真で見る山のトイレ問題」と称して写真パネル展も行う
2003年2月12日「山のトイレを考える会」ホームページの専用ドメイン取得、会員の個人ページから分離
2003
2003年4月1~20日北海道環境サポートセンターでの環境保全活動紹介展に出展
2003年5月26日上川支庁地域政策部及び北海道森林管理局旭川分局と美瑛富士避難小屋のトイレ設置問題等について意見交換
2003年5月20日全国の山岳ツアー会社(個人経営も含め58社)へ山トイレーマナーのお願い文発送
2003年6月24日美瑛町商工観光課と美瑛富士避難小屋のトイレ設置問題等について意見交換
2003年8月4日学校登山を行っているところにお願い文発送(日高支庁と管内9町の教育委員会へ)
2003年8月23日2003年版トイレマップと登山口トイレ情報を作成
2003年9月5日「市民活動全道フォーラム」と「NPO全国フォーラムin北海道会議」の市民活動団体パネル展に出展
2003年9月7日2003全道一斉山のトイレデー実施。9月7日以外の日にも活動してくれる人もいて、全部で38箇所、延参加者は108名
2003年12月10日ニュースレターを作成し関連団体、登山者へ約600部、配布
2004年2月7日第5回フォーラムを札幌コンベンションセンター206会議室で開催。60余名が参加。また、会場で「写真で見る山のトイレ問題」と称して写真パネル展も行う
2004年2月20日カラー版「山のトイレマナーガイド」を作成(A4版三つ折り、5,000部)
2004
2004年6月10日山のトイレデーに向け「山のトイレマナーガイド」10,000部増刷
2004年6月利尻山登山口に設置する携帯トイレ回収ボックス2基を利尻富士町に寄贈
2004年6月27日2004全道一斉山のトイレデー実施。全部で22箇所、延参加者は90名。2004屋久島環境マナーデーとも連携して実施。
2004年9月5日美瑛富士清掃登山を実施。参加者17名。避難小屋周辺のテッシュ、ウンコ回収。回収したウンコは担ぎ下ろす
2004年9月11日山のトイレ利尻グループ「2004山のトイレデー利尻」を参加者8名で実施
2004年10月16日札幌市環境プラザで開催された「北海道山小屋フォーラム」で岩村副代表が北海道の山岳トイレの現状について報告
2005年1月22日東京の航空会館で開催された「第3回 山の水場・環境報告フォーラム」に当会から4名参加。愛甲事務局長が北海道の現状と活動内容について報告
2005年1月25日ニュースレターを作成し関連団体、登山者へ約500部、配布
2005年2月22日アメリカ国立公園のパシフイックトレイルを踏破した清水秀一氏を講師に札幌エルプラザにてアメリカの山岳トイレ事情と自然保護について勉強会。7人参加。
2005年3月5日第6回山のトイレフォーラムを札幌市環境プラザ「環境研修室1・2」で開催。参加者は72名。会場で「写真で見る山のトイレ問題」と称して写真パネル展も行う
2005
2005年6月20日2005年版山のトイレマップ5,000部、登山口トイレ情報5,000部を作成
2005年6月22日美瑛富士避難小屋にトイレ設置を求める署名用紙、トイレマップ等を関連団体、個人へ発送。550箇所。
2005年7月22日署名用PRチラシ(裏面が署名用紙)を10,000枚作成
2005年7月30日署名活動をJR札幌駅前、秀岳荘本店・白石店の3箇所で実施。参加者24名。署名1576筆獲得
2005年8月6日署名活動をJR札幌駅前、秀岳荘本店・白石店の3箇所で実施。参加者12名。署名724筆獲得
2005年8月13日
8月14日
日高山脈ファンクラブ主催「幌尻山荘排泄物担ぎ下ろし登山」に当会から4名参加。2日間で196kgの排泄物を担ぎ下ろす
2005年8月30日リーフレット、トイレマップを入れるカタログケースを20個作成。登山用品販売店、各地のビジターセンター等への常設依頼を実施
2005年9月4日2005全道一斉山のトイレデー実施。全部で21箇所、署名活動を主な柱で実施。延参加者は91名。マナーガイドは約1900枚配布。
2005年10月2日かでる2・7で開催された札幌市市民活動サポートセンターパネル展に出展
2005年10月22日札幌ファクトリーで開催された北海道市民環境ネットワークの全道交流会で活動報告。パネル展に出展、署名活動も実施。
2006年1月17日N0.5ニュースレター、第7回フォーラム案内を関連団体及び個人へ発送。550箇所。
2006年3月4日第7回山のトイレフォーラムを札幌市環境プラザ「環境研修室1・2」で開催。参加者は52名。会場で「写真で見る山のトイレ問題」と称して写真パネル展も行う
2006
2006年4月30日美瑛富士避難小屋トイレ設置の署名を締め切る。10カ月間で26,768筆を獲得する
2006年5月25日(株)ムッシュ様のご協力により「山のトイレマナー袋」を作成。利尻でも登山者に配布。
2006年6月27日美瑛富士避難小屋トイレ設置の署名26,768筆を要請書とともに環境省と北海道へ提出
2006年7月25日N0.6ニュースレター、2006山のトイレデーの案内及び山のトイレマナー袋を関連団体及び個人へ発送。550箇所。
2006年9月3日2006全道一斉山のトイレデー実施。全部で19箇所、山のトイレマナー袋、マナーガイドの配布を中心に実施。参加者は約100名。マナー袋は約800配布。
2006年10月16日札幌市環境プラザ環境研究室にて環境省北海道地方環境事務所と意見交換会を実施。美瑛富士避難小屋トイレ設置に関する環境省の取り組みについて意見交換
2006年10月30日山のトイレマナー袋を秀岳荘本店、白石店及び石井スポーツに置き、配布協力への了承を得る
2007年1月16日N0.7ニュースレター、第8回フォーラム案内を関連団体及び個人へ発送。500箇所。
2007年3月10日第8回山のトイレフォーラムを札幌市の「かでる27」で開催。参加者は64名。会場で「写真で見る山のトイレ問題」と称して写真パネル展も行う
2007年3月20日大雪山国立公園の避難小屋トイレ4箇所に来年度、便層にゴミを捨てないよう注意喚起する看板を設置する予定。この看板を今年度の助成金で製作
2007年3月21日大雪山国立公園管理計画改訂へのパブリックコメント提出
2007年3月27日第4回大雪山国立公園管理計画検討会(最終回)に傍聴参加。会より提出したパブリックコメントが反映されたことを確認した。後日、平成19年7月1日より新しい改訂版の「大雪山国立公園管理計画」が適用開始された(環境省)
2007
2007年6月17日九州の福岡で開催された「山のトイレを考えるフォーラムin福岡2007」で仲俣が基調講演を行う
2007年6月10日北海道主催の「市民活動パネル展」に出展
2007年7月3日横須賀前代表がNHKラジオ放送で「使用済みペーパーの持ち帰り」を4回にわたって訴える
2007年7月14~16日大雪山国立公園の避難小屋トイレ4箇所に、便層にゴミを捨てないよう注意喚起する看板を設置。
2007年8月山のトイレ啓発用のザックに付けるペナント、車に付けてPRするステッカーを作成
2007年9月2日2007全道一斉山のトイレデー実施。全部で16箇所、山のトイレマナー袋、マナーガイドの配布を中心に実施。参加者は約130名。マナー袋は約1000配布
2007年9月17日日高山脈ファンクラブ主催「幌尻山荘バイオトイレ見学と排泄物の担ぎ下ろし登山」が2泊3日(9/15~9/17)で実施された。最終日に当会の会員が参加協力した。
2007年10月5日美瑛富士調査登山実施。参加者は7名(環境省3名。美瑛町2名。当会は小枝・愛甲の2名)。美瑛富士避難小屋へのトイレ設置署名関連の調査活動
2007年10月15日環境省との意見交換。参加者は10名(環境省3名。当会7名)。美瑛富士避難小屋へのトイレ設置に関する意見交換
2008
2008年1月15日N0.8ニュースレター、第9回フォーラム案内を関連団体及び個人へ550箇所発送
2008年3月8日第9回山のトイレフォーラムを札幌市の「エルプラザ」で開催。参加者は56名。会場で「写真で見る山のトイレ問題」と称して写真パネル展も行う
2008年3月16日利尻ルールをHPで掲載して周知
2008年6月21日知床登山のマナーをHPで掲載して周知
2008年6月30日山と渓谷社の「2007山岳環境賞」を受賞
2008年7月21日日高山脈ファンクラブ主催「幌尻山荘フォーラム&排泄物の担ぎ下ろし登山」が実施(7/19~7/21)され、当会の会員が参加協力
2008年8月20日山のトイレの各種イベントで着てPRするためのTシャツを製作
2008年8月19日大雪山避難小屋3箇所(ヒサゴ沼、忠別、上ホロ)に清掃用具を配備
2008年9月7日2008全道一斉山のトイレデーを実施。全部で25箇所、参加者は約100名。山のトイレマナー袋、マナーガイドの配布を中心に実施。マナー袋は約1200部、マナーガイドは約700部配布
2008年9月15日日高山脈ファンクラブ主催「幌尻山荘排泄物の担ぎ下ろし登山」が実施(9/13~9/15)され、当会の会員が参加協力
2008年10月7日北海道大学工学研究科の船水尚行先生と山のトイレ問題の勉強会を札幌エルプラザで開催(出席者17名)
2008年11月9日北海道勤労者山岳連盟主催の第37回北海道登山研究集会(第4分科会)で仲俣が「北海道の山トイレの現状と課題」と称して基調報告
2009
2009年1月14日N0.9ニュースレター、第10回フォーラム案内を関連団体及び個人へ500箇所発送
2009年2月19~20日東京で開催された環境省主催H20年度「山岳トイレ技術セミナー」に当会から3名(小枝・愛甲・仲俣)参加
2009年2月23日環境省北海道事務所の職員3名と当会運営委員で意見交換会実施(札幌エルプラザ)
2009年3月7日第10回山のトイレフォーラムを札幌市の「エルプラザ」で開催。参加者は51名。鳥取県の大山の排泄物担ぎ下ろしの報告もあった
2009年6月4日美瑛町を訪問(愛甲・仲俣)し、美瑛富士避難小屋のトイレ問題について意見交換を実施。その後、上川中部森林管理署を訪問し、美瑛富士白金温泉登山口の入林届を登山者数が把握できる様式に変更していただくよう要請
2009年7月14日会員や賛助会員宛に「2009山のトイレデー案内」「2009前期の活動報告」「美瑛富士避難小屋に似合うトイレ(Ver.1)」を420通送付
2009年8月1日山のトイレマナーガイドのリニューアル版を作成
2009年8月16日
2009年9月13日
日高山脈ファンクラブ主催「幌尻山荘排泄物の担ぎ下ろし登山」が2回実施され、当会の会員が参加協力
2009年9月6日2009全道一斉山のトイレデーを実施。全部で30箇所、参加者は約100名。山のトイレマナー袋、マナーガイドの配布を中心に実施。マナー袋、マナーガイドはともに約1800部配布
2009年12月1日携帯で見る北海道の山のトイレ情報を作成。逐次最新情報に更新
2009年12月11日仙台で開催された環境省主催のH21年度「山岳トイレ技術セミナー」に当会から3名(小枝・愛甲・仲俣)参加
2010
2010年1月19日N0.10ニュースレター、第11回フォーラム案内を関連団体及び個人へ500箇所発送
2010年3月6日平成22年度定期総会の開催
2010年3月6日第11回山のトイレフォーラムを「北海道大学学術交流会館」1階会議室で開催。参加者は47名。テーマは「改めて北海道の山トイレ事情の今」でした
2010年7月~マナー袋の認知度が高まり、(株)ムッシュ様と全国からの送付要請に応える
2010年8月2日山のトイレデー案内と山のトイレマナーガイドを約400通送付
2010年8月10日山のトイレマナーガイドを3000部印刷
2010年7月17~19日
2010年9月18~20日
日高山脈ファンクラブ主催「幌尻山荘排泄物の担ぎ下ろし登山」が2回実施され、当会の会員が参加協力
2010年9月5日2011全道一斉山のトイレデーを実施。全部で28箇所、参加者は約80名。山のトイレマナー袋、マナーガイドの配布を中心に実施。ともに約2000部配布
2011
2011年1月25日NO.11ニュースレター、第12回フォーラム案内を関連団体及び個人へ500箇所発送
2011年3月5日平成23年度定期総会の開催
2011年3月5日第12回山のトイレフォーラムを「北海道大学学術交流会館」小講堂で開催。参加者は53名。テーマは「本州の山トイレ事情・土壌処理に学ぶ」でした
2011年5月27日環境省北海道事務所の職員2名と当会運営委員で意見交換会実施(札幌エルプラザ)
2011年7月~昨年と同様マナー袋を(株)ムッシュ様と全国からの送付要請に応える
2011年8月10日山のトイレデー案内と第12回フォーラムの報告(要点)を約400通送付
2011年8月10日山のトイレマナーガイドを2000部印刷
2011年9月18日2011全道一斉山のトイレデーを実施。全部で約20箇所、参加者は約40名。山のトイレマナー袋、マナーガイドの配布を中心に実施。ともに約1800部配布
2011年9月19日日高山脈ファンクラブ主催「幌尻山荘排泄物の担ぎ下ろし登山」が1回(日帰り)実施され、当会の会員が参加協力
2011年7月11日
2011年8月25日
2011年10月5日
黒岳石室バイオトイレのオガクズ掻き出し作業に参加(愛甲2回、仲俣1回)
2012
2012年1月27日NO.12ニュースレター、第13回フォーラム案内を関連団体及び個人へ400箇所発送
2012年2月1日北海道地方環境事務所主催「大雪山地域登山道協働型維持管理体制検討に関する情報交換会(表大雪地区)」が美瑛町で開催され、当会の小枝副代表が参加
2012年2月2日北海道地方環境事務所主催「大雪山地域登山道協働型維持管理体制検討に関する情報交換会(東大雪地区)」が帯広市で開催され、当会の小枝副代表が参加
2012年2月26日北海道地方環境事務所主催「大雪山国立公園登山道維持講習会」が旭川市で開催され、当会の仲俣が参加
2012年3月10日第13回山のトイレフォーラムを札幌エルプラザ2階の環境研修室2で開催。参加者は38名。テーマは「北海道の山トイレ 今私達にできること」でした
2012年6月1日北海道地方環境事務所主催「大雪山国立公園表大雪地域登山道関係者による情報交換会」が美瑛町で開催され、当会の愛甲事務局長と仲俣が参加
2012年6月30日旭川市で大雪山山開きの入山式があり仲俣が参加。山のトイレマナー袋、マナーガイドを170部配布
2012年7月1日山のトイレフォーラム資料集(第1回~12回)のPdf版を当会HPへ掲載
2012年7月12日2012山のトイレデー案内とニュースレターを約400通送付
2012年7月12日黒岳石室バイオトイレのオガクズ掻き出し作業に参加(横須賀、黒澤)
2012年8月17日山のトイレマナーガイドを2000部増刷
2012年8月10日携帯版の山のトイレ情報に写真を挿入してリニューアル
2012年8月「山はみんなの宝」憲章制定に当会が賛同団体として登録
2012年8月20日新しい啓発ツール「名刺サイズ型マナーガイド」(山のトイレマナーカード)を6000部作成
2012年8月20日北海道地方環境事務所主催「大雪山国立公園登山道保全技術講習会」が旭岳裾合い平で開催され、当会の黒澤が参加
2012年9月8日道央地区勤労者山岳連盟 自然保護セミナーが愛甲事務局長を講師に美瑛町で開催されました
2012年9月9日2012全道一斉山のトイレデーを実施。全部で22箇所、参加者は36名。山のトイレマナー袋、マナーガイドの配布を中心に実施。ともに約1400部配布
2012年9月15日
~17日
日高山脈ファンクラブ主催「幌尻山荘排泄物の担ぎ下ろし登山」が実施され、当会の会員が参加協力
2012年10月2日黒岳石室バイオトイレのオガクズ掻き出し作業に参加(黒澤、仲俣)
2012年11月11日北海道勤労者山岳連盟主催の第41回北海道登山研究集会での自然保護分科会の講師として仲俣、黒澤がお話しました
2013
2013年1月23日NO.14ニュースレター、山のトイレマナーカード、第14回フォーラム案内を関連団体及び個人へ400箇所発送
2013年3月2日第14回山のトイレフォーラムを札幌市ボランティア研修センター第一研修室でで開催。参加者は42名。テーマは「現場に学ぶ!山のトイレの維持管理」でした
2013年6月4日山のトイレマナーカードを2000部増刷
2013年6月7日北海道地方環境事務所主催「大雪山国立公園表大雪地域山岳関係者による情報交換会」が美瑛町で開催され、当会の愛甲事務局長が参加
2013年6月16日十勝岳山開きにマナーガイド、マナー袋を主催者に170部送付、配布してもらう
2013年6月30日大雪山山開きにマナーガイド、マナー袋を主催者に170部送付、配布してもらう
2013年7月16日新山のトイレマップを4000部作成
2013年7月17日2013山のトイレデー案内と新山のトイレマップを約350通送付(知床登山マナーチラシと黒岳トイレ協力金のお願いチラシも同封)
2013年8月27日黒岳石室バイオトイレのオガクズ掻き出し作業に参加(山口、仲俣)
2013年8月~9月各種メディアでPR。8/10FMノースウェーブ(仲俣)8/24HBCラジオ(岩村)、8/2道新にトイレマップ記事掲載、8/4朝日新聞にトイレマップ掲載、9/2道新の社説に山のトイレ問題について載る
2013年9月8日2013全道一斉山のトイレデーを実施。全部で33箇所、参加者は87名。山のトイレマップ、マナーガイドなどを配布してマナーを呼びかける
2013年9月20日大雪山国立公園登山道保全技術講習会が美瑛富士登山コースで開催。愛甲が参加
2013年9月21日
~23日
日高山脈ファンクラブ主催「幌尻山荘排泄物の担ぎ下ろし登山」が実施され、当会の会員が参加協力
2013年12月2日大雪山国立公園における登山道管理水準等検討会(第1回)に小枝副代表と愛甲事務局長が参加
2014
2014年1月21日NO.15ニュースレター、第15回フォーラム案内を関連団体及び個人へ400箇所発送
2014年1月12日北海道勤労者山岳連盟創立50周年記念祝賀会に岩村代表参加。トイレマップ70部配布
2014年1月27日大雪山登山道管理水準検討会に小枝副代表参加
2014年3月8日第15回山のトイレフォーラムを道立道民活動センター「かでる27」で開催。参加者は50名。テーマは「みんなで取り組む山のトイレ問題」でした
2014年6月8日美唄山山開きで当会会員今野聖ニさんがマナー袋、マナーガイド60部配布
2014年6月9日北海道地方環境事務所主催「大雪山国立公園表大雪地域山岳関係者による情報交換会」が美瑛町で開催され、愛甲事務局長が参加
2014年6月13日トイレマップ5000部、マナーガイド3000部印刷
2014年6月15日十勝岳山開きにマナー袋を主催者に100部送付、配布してもらう
2014年6月14日ユウパリコザクラの会登山研修会が夕張市で開催され、仲俣が講演
2014年6月17日北海道地方環境事務所主催「大雪山国立公園東大雪地域山岳関係者による情報交換会」が帯広市で開催され、小枝副代表が参加
2014年6月29日大雪山山開きにマナーガイド、マナー袋を主催者に170部送付、配布してもらう
2014年7月6日斜里岳山開きにトイレマップ、マナーガイドを主催者に60部送付、配布してもらう
2014年7月22日2014山のトイレデー案内144通送付(知床登山マナーチラシも同封)
2014年8月2日~3日羊蹄山避難小屋の土壌処理方式トイレ現地調査実施(小枝副代表ほか4名)
2014年7月6日北海道山岳連盟交流会登山(室蘭登別大会)に携帯トイレ200袋、トイレマップ200部送付、配布してもらう
2014年9月7日2014全道一斉山のトイレデーを実施。全部で40箇所、参加者は124名。山のトイレマップ、マナーガイドなどを配布してマナーを呼びかける
2014年9月13日
~15日
日高山脈ファンクラブ主催「幌尻山荘排泄物の担ぎ下ろし登山」が実施され、当会の会員が参加協力
2014年11月6日北海道山岳団体交流会(札幌で開催)に岩村代表と黒澤さんが参加。当会の活動をPR、協力をお願いする
2014年11月9日北海道勤労者山岳連盟主催の第43回北海道登山研究集会での自然保護分科会にて小枝副代表が講演
2014年11月29日北海道高山植物保護ネット2014年度市民フォーラムで愛甲事務局長が「山岳地の適正利用は実現できるか?-世界遺産富士山の宿題と大雪山登山道管理水準-」と題して講演
2014年11月30日小樽労山自然保護学習会で小枝副代表が講演
2014年12月18日愛甲事務局長、美瑛町、環境省と美瑛富士トイレ問題で意見交換
2014年12月19日北海道地方環境事務所主催「大雪山国立公園表大雪地域山岳関係者による情報交換会」が上川総合振興局で開催され、愛甲事務局長が参加
2015
2015年1月15日「美瑛富士トイレ管理連絡会」設立準備会開催(札幌市 エルプラザ)
2015年1月27日NO.16ニュースレター、第16回フォーラム案内を関連団体及び個人へ約150箇所発送
2015年3月11日美瑛富士携帯トイレ導入に向けた勉強会に参加・発表。主催:環境省。会場:美瑛町国民保養センター。小枝代表、愛甲事務局長、仲俣が参加
2015年3月14日「美瑛富士トイレ管理連絡会」設立総会開催
2015年3月14日第16回山のトイレフォーラムを道立道民活動センター「かでる27」で開催。参加者は54名。テーマは「美瑛富士トイレ問題~ついに山は動き出した」でした
2015年5月1日北海道へマナーガイド、トイレマップを300部提供
2015年5月16日様似町へアポイ携帯トイレ導入PRのためマナーガイド200部と当会幟を提供
2015年6月13日美瑛富士携帯トイレ導入PRチラシ4000部印刷
2015年6月23日マナーガイド3000部印刷
2015年6月中旬
~8月下旬
美瑛富士携帯トイレ導入PRチラシの配布(行政・山岳会・登山用品店・ガイド・大学山岳部など)
2015年6月8日北海道地方環境事務所主催「表大雪地域登山道関係者情報交換会」が開催され、愛甲事務局長が参加
2015年6月12日羊蹄山避難小屋トイレ(土壌処理トイレ)の環境省点検調査に仲俣が同行
2015年6月18~19日白金温泉観光センターと十勝岳温泉登山口に回収ボックス設置
2015年6月26日北海道地方環境事務所主催「東大雪地域登山道関係者情報交換会」が帯広市で開催され、小枝副代表が参加
2015年6月21日
2015年6月28日
十勝岳山開き(6/21)大雪山山開き(6/28)主催者にマナー袋を送付、参加者に配布
2015年6月28日美瑛富士避難小屋に携帯トイレブース設置(環境省、美瑛山岳会、当会等12名)
2015年6月29日
~9月26日
「美瑛富士トイレ管理連絡会」による携帯トイレブースの点検パトロール実施
2015年7月7日2015山のトイレデー案内、美瑛富士携帯トイレ導入案内を358通送付(知床登山マナーチラシも同封)
2015年8月9日環境省主催「東川・山の日プレイベント」でパネル展示・岩村代表参加
2015年8月15日環境省主催「十勝・山の日プレイベント」でパネル展示
2015年8月11日
2015年10月1日
黒岳石室バイオトイレのオガクズ掻き出し作業に参加(8/11愛甲、10/1小枝、仲俣)
2015年9月4日内閣官房主催の日本トイレ大賞で環境大臣賞を受賞
2015年9月6日2015全道一斉山のトイレデーを実施。全部で38箇所、参加者は90名。山のトイレマップ、マナーガイドなどを配布してマナーを呼びかける
2015年9月27日美瑛富士避難小屋携帯トイレブース撤収(環境省、美瑛山岳会、当会等9名参加)
2015年10月8日北海道山岳団体交流会に岩村代表出席
2015年11月15日北海道勤労者山岳連盟主催の第44回北海道登山研究集会での自然保護分科会にて小枝副代表が「美瑛富士携帯トイレブースの取り組み」について報告
2016
2016年1月19日NO.17ニュースレター、第17回フォーラム案内を関連団体及び個人へ約160箇所発送
2016年1月26日環境省北海道地方環境事務所との意見交換会(当会から4人出席)
2016年2月16日北海道地方環境事務所主催「大雪山国立公園東大雪地域山岳関係者による情報交換会」が帯広市で開催され、小枝副代表が参加
2016年3月5日~6日大雪山国立公園連絡協議会主催の広域PRイベントが札幌地下歩行空間で開催。当会から6名が展示に協力参加
2016年3月2日第6回北海道新聞エコ大賞「大賞」受賞
2016年3月12日第17回山のトイレフォーラムを道立道民活動センター「かでる27」で開催。参加者は43名。テーマは「美瑛富士トイレ管理2年目の課題」
2016年4月28日白金温泉観光センター隣りの公衆トイレ裏に美瑛町と東川自然保護官事務所で携帯トイレ回収ボックス設置
2016年6月3日北海道地方環境事務所主催「表大雪地域登山道関係者情報交換会」が開催され、愛甲事務局長が参加
2016年6月9日北海道地方環境事務所主催「東大雪地域登山道関係者情報交換会」が帯広市で開催され、小枝副代表が参加
2016年6月14日美瑛チラシ2000枚、ポスター100枚、トイレマップ5000部印刷
2016年6月26日美瑛富士避難小屋に携帯トイレブース設置(環境省、美瑛山岳会、当会等12名)
2016年7月上旬美瑛富士携帯トイレ導入PRチラシの配布(行政・山岳会・登山用品店など)
2016年7月3日
~9月25日
「美瑛富士トイレ管理連絡会」による携帯トイレブースの点検パトロール実施
2016年8月11日祝日「山の日」に『携帯トイレ体験ツアーin美瑛富士避難小屋』を開催。参加者5名、サポート隊7名で実施
2016年8月1日
~15日
十勝山の日イベント「山のマナーアップ運動」に啓発ツール(マナーガイド、トイレマップ300部)の提供とパネル展示に協力
2016年9月4日2016全道一斉山のトイレデーを実施。全部で27箇所、参加者は44名。山のトイレマップ、マナー袋などを配布してマナーを呼びかける
2016年9月11日9月2日に美瑛富士避難小屋の携帯トイレブースが台風で倒壊。10日間後に再設置
2016年10月3日黒岳石室バイオトイレのオガクズ掻き出し作業に会員の奥野嗣之さん参加
2016年10月17日前田一歩園賞受賞。11月27日の表彰式に岩村代表と仲俣が参加
2016年10月15日美瑛富士が山と渓谷社の「日本山岳遺産」に認定
2016年12月4日富良野市で開催された原始ヶ原シンポジュウムに仲俣ほか4名の会員が参加。パネル展示を実施
2016年12月19日2016表大雪地域 登山道関係者による冬季情報交換会(会場:上川総合振興局)に仲俣が参加